学生団体GEILは、東京大学・早稲田大学・慶應義塾大学・一橋大学などの関東の大学生を中心として構成される学生団体です。毎年夏に「学生のための政策立案コンテスト」を開催するほか、一年を通して学生に政策立案を通して社会問題について理解し議論する場を提供しています。

組織体制

2021 総務局長

コンセプト

変化を起こす当事者たれ

団体名『GEIL』について

 「GEIL」は、ドイツ語のスラングであり、主に若者言葉での「やばい!」のような意味を持ちます。日本語の「ヤバい」がネガティブな意味から徐々に若者中心に「かっこいい」「すごい」に変わっていったように、若者の力でポジティブな意味となり社会に浸透してきました。
初代GEILは、気取った上品な言葉ではないけれど、若者らしい心からの「やばい!」が飛び出すようなメンバーを集め、イベントを作り上げるという思いから「GEIL」の名を冠して設立されました。私たちは知性と考え抜く力を持って社会課題と向き合う学生団体でありながら、そんなメンバーがふと童心に立ち返り「やばい!」を発してしまうほどの熱気と勢いに溢れた団体でありたい。そんな思いを込め、改めて「GEIL」の名を掲げて活動して参ります。

ロゴ解釈

ロゴマークは2017年より受け継いだものを使用しています。団体名である「G」という文字を抽象化したもので、上に「伸びていく」火のような、若者らしさが現れています。文字全体を通して知性や鋭さを想起させ、この団体の目指す性質を表現したものです。
 また今代においては、コンセプトとして「変化を起こす当事者たれ」を掲げて活動しています。左側に直線的な堅実さ、右側に曲線の柔軟さを、また一本横切る線に「一線を画す」との意味を見出し、今代のコンセプトに相応しいロゴマークとして改めてこのロゴを掲げることを決定致しました。コンテストにおいても、このロゴを掲げるに相応しいイベントを目指します。

団体概要

名称:学生団体GEIL
設立:1998年
代表:村本祐聖
構成:71人(2020年11月1日現在)
住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目3-10山京ビル503-63