最新情報

・定員に達したためお申込みを締め切りました。現在、【キャンセル待ち】で受け付けております。ご希望の方は「応募はこちらから」にお進みください。
・【キャンセル待ち】受付番号 番の方まで繰り上げてご案内しております。

最新情報

・定員に達したためお申込みを締め切りました。現在、【キャンセル待ち】で受け付けております。ご希望の方は「応募はこちらから」にお進みください。

・【キャンセル待ち】受付番号  番の方まで繰り上げてご案内しております。

政策立案コンテストとは

 全国から応募した優秀な学生が一堂に会する会場で、初対面の4人1組でチームとなり、政策を立案していきます。Missionとして与えられる1つの社会問題について考え抜きます。

GEILによるサポート

CC
(ケースチェッカー)

 政策立案や、議論の経験の差によらず、チーム全員が思い切り議論を行えるようサポートします。

CB
(ケースブック)

 社会課題の詳細など、立案に必要な知識はGEILが作成したこのCBで補うことが出来ます。

CS
(ケアスタッフ)

政策立案以外の時間で交流し、生活面で困ったことなどがあればサポートします。

ケーステーマ

「教育格差」

GEILが一年を通して扱っていく社会課題、それがケーステーマです。GEIL2020では「教育格差」について考えていきます。Spring GEIL 2020でも、このケーステーマに沿ったMissionが課され、政策立案を行っていくことになります。詳しくはこちら

コンテスト詳細

名称:Spring GEIL

日時:3/16(月)〜3/18(水)

会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急「参宮橋」駅より徒歩5分)

参加費:11,800円(宿泊費込み)

参加資格:全国の大学生・大学院生

参加人数:40名(先着順)

FAQ

 宿泊費は含まれています。国立オリンピック記念青少年総合センター内にある宿泊施設で宿泊します。ただし、食費は含まれておりませんのでご注意ください。

 問題ありません。コンテストに参加する学生も、専門知識を持たない人がほとんどです。不足した知識はGEILが提供する資料集(ケースブック)、サポーター(ケースチェッカー)がサポートします。

そんなことはありません。例年、実に様々な学部の学生が参加しており、中には理系の学生もいます。

過去参加者の声

4人でチームを組むんですが、みんな思っていることとか、それぞれ今まで経験してきたことや、個々の価値観が全然違ったのが面白かったです。4人だけでも合意形成ってこんなに難しいんだな、ってすごく感じました。
高槻 祐圭さん圭圭
学生のための政策立案コンテスト2019参加者
「政策立案コンテスト」そういう世界とは一歩引いて、「これは自分とは違う」と思って生きてきたんですけど、参加したことによって、「そうでもない」「私も意外にできるんじゃないかな」と気付くことができました。自分とは線を引いていた活動に、フラットに接していけるようになった、と感じてます。
川合 芙実さん
学生のための政策立案コンテスト2019参加者